3月のドイツZEW景況感指数:マイナス3.5-予想外の改善(2)

ドイツの欧州経済研究所センター (ZEW)が17日発表した3月の独景況感指数(期待指数)はマイ ナス3.5となった。欧州中央銀行(ECB)が過去最低水準への利下 げを実施したことを受け、前月のマイナス5.8から予想に反して改善 し、2007年7月以来の高水準となった。改善は5カ月連続。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト39人の調査 中央値では、3月はマイナス8.0と見込まれていた。

ECBは5日に政策金利を0.5ポイント引き下げ1.5%にした。 また、メルケル独首相率いる連立与党は、景気対策として約800億ユ ーロを投じることで合意した。

ロイズ・バンキング・グループのエコノミスト、ケネス・ブルッ クス氏(ロンドン在勤)は「期待が先走りしている。投資家は株式相 場が見通しにやや幾分自信を与えるとみているが、経済においては底 に近いという兆しはない」と述べた。

ZEWによれば、3月の現状指数はマイナス89.4と、前月のマ イナス86.2から悪化し、03年9月以来の低水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE