オバマ米大統領の支持率が低下、国民の経済懸念強く-世論調査

米国民の経済懸念が強いなか、オ バマ大統領の支持率が低下したことが2件の最新世論調査で16日、分 かった。

CNNの委託でオピニオン・リサーチが今月12-15日実施した調 査によると、オバマ大統領の支持率は64%と、先月上旬の76%から 12ポイント低下。不支持率は23%から34%に上昇した。ピュー・リ サーチ・センターが9-12日実施した調査でも支持率は59%と、先月 の64%を5ポイント下回った。不支持率は17%から26%に上昇。

CNN調査によると、大統領の経済政策の支持率は59%だったが、 イラク、アフガニスタン、対テロ、教育、エネルギー政策の支持率に は届かなかったという

一方で同調査では、ほぼ3分の2が「オバマ大統領の政策は失敗 より成功の確率の方が高い」と回答。「今後12カ月間で景気の改善が 見られない場合の責任はブッシュ前大統領と共和党にある」と答えた 人は54%で、「オバマ大統領と民主党にある」の32%を上回った。

CNNとピューの調査は電話による聞き取り方式で行われた。誤 差率はともにプラス・マイナス3ポイント。ピューの調査対象は成人 1308人、CNNは1019人。

-- Editor: Bill Schmick, Laurie Asseo.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Kristin Jensen in Washington at +1-202-624-1823 or kjensen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jim Kirk at +1-202-654-4315 or jkirk12@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE