東京外為:ドルもみ合いか、株高一服で対ユーロなどでの売り圧力後退

きょうの東京外国為替市場ではド ルがもみ合いそうだ。米国株の上昇が一服したことで、目先はリスク 選好的なドル売り・ユーロなどの外貨買いの動きが弱まる可能性があ る一方、米指標の悪化など積極的にドルを買う材料も乏しいためだ。

早朝の取引ではドルが対ユーロで1ユーロ=1.29ドル台後半で 推移。前日の海外市場では欧州株の上昇を背景に一時、1.3072ドルと 2月10日以来、約1カ月ぶりの水準までユーロ高・ドル安が進んだが、 その後はドルが下げ渋る展開となっている。

また、ドル・円相場は海外市場でも1ドル=98円台で方向感の乏 しい展開が続き、17日早朝にかけては98円台前半で小動きの状態と なっている。

一方、ユーロ・円は海外時間に一時、1ユーロ=128円73銭と昨 年12月29日以来の水準までユーロ高・円安が進行。その後はユーロ 高も一服し、127円台前半から半ばでもみ合う展開が続いている。

米国株の上昇が一服

16日の米株式相場は5営業日ぶりに下落。週末の20カ国・地域 (G20)財務相・中央銀行総裁会議が不良資産処理の進展に向け決意 を表明し、過度の悲観論が後退するなか、日中は堅調に推移していた ものの、取引終盤にかけて急速に伸び悩んだ。

先週以降、世界的な株価の上昇を手掛かりにドルを売ってリスク の高い新興国通貨や資源国通貨を買う動きが先行していたが、米国株 の上昇が一服したことで、目先はドル売りが一服する可能性がある。

一方、16日に発表された米経済指標はいずれも悪い内容で、ニュ ーヨーク連銀が発表した3月の同地区の製造業景況指数はマイナス

38.23と、2001年の統計開始以来で最低を記録。2月の米鉱工業生産 指数も前月比で4カ月連続の低下となった。

また、米財務省が発表した1月の対米証券投資統計によると、外 国の政府と投資家の中長期金融資産取引額は外国人からみて430億ド ルの売り越しとなった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想 では450億ドルの買い越しが見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE