米メリル、香港当局からアジア地域幹部ボーナスの開示圧力-FT紙

【記者:Dave McCombs】

3月17日(ブルームバーグ):米銀大手バンク・オブ・アメリカ (BOA)傘下の証券大手メリルリンチは16日、香港の労働審判所 の審理で、アジア地域のマネジングディレクター50人へのボーナス 支給状況の開示を迫られることになると通告された。英紙フィナンシ ャル・タイムズがK・K・パン労働審判官の発言を引用して伝えた。

同紙によれば、メリルの元社員ジョン・プラット氏は、2008年 のボーナスが少な過ぎたと主張し、同社を相手取って香港で訴訟を起 こした。メリルはボーナスの開示要求に対して、プライバシーの権利 を主張して法廷で争う構えを示しているという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave McCombs at +81-3-3201-8861 or dmccombs@bloomberg.net

BAC <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE