米FRBは国債買い入れへ、利回りが3.25%に接近なら-モルガンS

米モルガン・スタンレーは、10 年国債利回りが信用需要を脅かしかねない水準の3.25%に近づけば、 連邦準備制度理事会(FRB)は米国債を買い入れる公算が大きいと の見通しを示した。

同社の主任米国エコノミスト、リチャード・バーナー氏は16日付 の調査リポートで、金融当局は住宅ローン担保証券(MBS)買い入 れ制度やターム物資産担保証券ローン制度(TALF)を優先する一 方で、すべての選択肢を残しておきたい考えだと説明。世界の投資家 が米国債に対して憶病になるならば、特にそうだと指摘した。

BGキャンター・マーケット・データによると、16日の10年国 債利回りは一時2.988%に上昇した。同利回りが最後に3.25%を上回 ったのは昨年11月25日。

-- Editor: Dave Liedtka, James Holloway

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Susanne Walker in New York at +1-212-617-1719 or swalker33@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE