NY金:下落、世界株高で代替投資の魅力が減退-終値922ドル

ニューヨーク金先物相場は下落。 世界的な株高を背景に、代替投資としての金の投資妙味が減退した。

この日はアジアや欧州の株式相場が上昇した。米株式相場も堅調 に推移している。先週末の米S&P500種株価指数は週間ベースで昨年 11月以来の大幅高だった。金連動型ETF(上場投資信託)としては 最大の「SPDRゴールド・トラスト」の先週の金保有量は、2.7%増 加し、過去最高の1056.8トンを記録した。

R.F.ラファーティ(ニューヨーク)のトレーダー、マーテ ィ・マクニール氏は、「株価が上昇している。金相場は株に影響され、 上昇と下落を繰り返している。株価が上昇するたび、一部の金の投資資 金は株式に振り向けられる」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相 場4月限は前営業日比8.10ドル(0.9%)安い1オンス=922ドルで終 了した。年初来では4.3%の上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE