中国株(終了):上昇、終盤に反転-興業銀や上海汽車が高い

中国株式相場は上昇。一時下げて いたが、上げに転じた。銀行株や自動車株が高い。融資の増加や政府支 援で、収益が拡大するとの観測が広がった。

英HSBCホールディングスの香港部門、ハンセン銀行が出資す る興業銀行(601166 CH)は7%高。交通銀行(601328 CH)は

3.1%高。中国最大の乗用車メーカー、上海汽車(600104 CH)は

2.7%上昇。政府が農家を対象に自動車購入を支援する補助金を出す方 針を明らかにしたことが好感された。

CSCセキュリティーズのアナリスト、リ・キン氏(上海在勤) は「融資の伸びが続いていることから、景気が回復しつつあるとの見方 が強まっている。これは銀行にとってプラスだ」と指摘。「決算予想を 考えれば、バリュエーション(株価評価)は厳しいものではない」との 見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し て上海総合指数は、前週末比24.44ポイント(1.2%)高の

2153.29で終了。一時は1%安まで下げる場面もあった。上海、深セ ン両証取のA株に連動しているCSI300指数は1.6%上昇し

2241.61。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE