北米金融大手10社ランキング、RBCなどカナダの銀行が躍進

北米の金融大手10社のランキン グでは、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)やトロント・ド ミニオン銀行、ノバスコシア銀行、モントリオール銀行などカナダ勢 が大きく順位を伸ばした。米金融大手がここ1年間に相次いで経営破 たんしたり、他行に統合されたためだ。

ブルームバーグが金融機関の報告を基にまとめたデータによれば、 資産規模でカナダ最大の銀行RBCは現在、北米7位。同行の資産は 過去10年間に3倍に拡大した。2007年末時点では、カナダの銀行で 北米の上位10位に入っていたのはRBCだけだった。現在は8-10 位が、トロント・ドミニオン銀、ノバスコシア銀、モントリオール銀 となっている。

カナダでは、銀行の融資や資本に関する規制が厳しいことから、 同国の銀行は黒字を維持し、その業績は米国勢を上回っている。カナ ダの大手6行が07年の信用危機発生以後に計上した債務関連の評価 損は計200億カナダ・ドル(約1兆5400億円)未満と、世界の銀行・ 証券会社による総額8871億米ドル(約87兆円)の2%程度にとど まる。

ナショナル・バンク・ファイナンシャルのアナリスト、ロバート・ セドラン氏は13日のインタビューで、「これは米銀の一部で見られて いるデレバレッジ(借り入れ依存の解消)と、カナダの銀行の相対的 な強さが重なった結果だ」と指摘。「カナダの銀行は多くの米銀に比べ、 比較的軽度の混乱にとどまっている」と付け加えた。

米シティグループの08年10-12月(第4四半期)決算は173 億米ドルの赤字。ウェルズ・ファーゴは25億5000万米ドル、バン ク・オブ・アメリカ(BOA)は17億9000万米ドルの損失を出し た。一方、カナダの大手6行の08年11月-09年1月(第1四半期) 決算はいずれも黒字で、アナリスト予想も上回っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE