投資家ファーバー氏:今後2年間は中国など新興国の資産が「買い」

著名投資家マーク・ファーバー氏 は16日、投資家は今後2年間にわたり、景気が上向くのに伴い、中国 など新興国の資産を購入すべきだとの考えを示した。

ファーバー氏は香港でブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーに対し、中国株は今年これまで主要株価指数の年初来騰落率が世界 一と上昇しているものの、いったん2008年の安値に下げる可能性があ ると予想。この下落局面は、投資家にとって良い買い場になるとの見 通しを示した。

同氏は「急速に成長する国々では、時々後退がみられる」と指摘。 中国株は「安値を再び試すとみられるが、今後2年間は恐らく投資の 好機となろう」と述べた。

MSCI世界株指数は今年に入って18%下落。深刻化する金融危 機や世界的なリセッション(景気後退)が企業利益に与える悪影響が 懸念され、昨年の年間騰落率は42%安と過去最大の下げを記録した。 一方、中国株の指標、上海総合指数は今年に入って16%上昇している。

ファーバー氏はまた、ロイター・ジェフリーズCRB指数が「大 幅に下落」したため、工業用金属と貴金属は魅力的な投資先だと指摘 した。CRB指数は昨年1年間で36%下落。今年もこれまで8%安と なっている。

同氏は過去半年で19%上昇した金を引き続き選好。米ドルを含む 通貨の動向が「好ましくない」ことを理由に挙げた。

ファーバー氏は過去に、8年間にわたる強気相場の始まりに金を 買い推奨した実績がある。金相場は当時、1オンス=300ドル未満。 昨年は一時1000ドルを超えた。この日は932.78ドル。同氏のウェブ サイトによると、また1987年のブラックマンデー(株価大暴落)の1 週間前に米国株の売りを勧めたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE