中国株(午前):上海総合指数、4日続落-輸送運賃下落で海運株安い

16日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は4営業日続落。政府の支援措置により収益が拡大するとの観 測を背景に自動車株は上昇しているものの、貨物運賃下落を嫌気し海運 株が安くなっている。

貨物海運大手の中国遠洋運輸集団(COSCOホールディングス、 601919 CH)と石油輸送国内最大手の中海発展(チャイナ・シッピング・ デベロップメント、600026 CH)はいずれも2%を超える値下がり。商 品運搬コストを示すバルチック・ドライ指数が先週、下落したことが響 いた。中国最大の自動車メーカー、上海汽車(600104 CH)は2.3%高。 政府が農家を対象に自動車購入を支援する補助金を出す方針を明らかに したことが好感された。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「中国は景 気てこ入れで国内消費に頼らざるを得なくなるだろう」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前週末比9.19ポイント(0.4%)安の2119.66。午前中は上げ下げを 繰り返した。4営業日続落は昨年12月31日以来で最長の連続安。上海、 深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は0.3%安の

2198.45。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE