欧州委のクルス委員:銀行の経営再編、良識あるビジネスモデル必要に

【記者:Matthew Newman】

3月14日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)の執行機関、欧州 委員会のクルス委員(競争政策担当)は14日、各国政府の支援を受け る域内金融機関がEUから事業再編計画への承認を獲得するには、経営 形態を簡素化し、バランスシートの借り入れ依存度を減らす必要がある との考えを明らかにした。

クルス委員はフランクフルトで行われた会議で、EU各国は金融セ クターの変化に即した「新たなビジネスモデル」を持つ金融機関を必要 としていると指摘。EUは「過度に借り入れに依存する持続不可能な経 営形態」を「より簡素で借り入れ依存度が低く、良識的で透明性の高い 金融機関の形態」に置き換える必要があると訴えた。

各国政府の支援が競争を阻害するかどうかを検討している同委員は、 過去半年間に英政府から融資保証や資本注入を受けた国有化銀行ノーザ ン・ロックを含む数十の金融機関について、事業再編計画の提出を待っ ている状況だ。欧州委は13日、地方自治体向け融資事業を展開する 仏・ベルギー系デキシアの再編計画の実行可能性に疑問を表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE