アジア債券保証コストが低下-G20不良資産で協調対応表明に反応

16日のクレジット・デフォル トスワップ(CDS)市場で、アジア地域の債券保証コストが低下し た。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、信用収縮 の原因とされる銀行の不良資産の処理に協調して取り組むと表明した ことに反応した。

バークレイズ・キャピタルによれば、投資適格級の日本企業50 社の社債を基にしたマークイットiTraxx日本指数のスプレッド は日本時間午前10時1分現在、5ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下の545bp。ICAPによれば、50の投資適格級発 行体で構成するマークイットiTraxxアジア(日本除く)指数の スプレッドは香港時間午前9時25分(日本時間同10時25分)現在、 5bp下げて420bp。

シティグループによれば、オーストラリア企業25社の社債に連 動するマークイットiTraxx豪州指数のスプレッドはシドニー時 間午前11時54分(日本時間同9時54分)現在、変わらずの415b p。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE