【今日のチャート】金相場の強気派へ、利益は産金株に投資を

米JPモルガン・チェースと英フ ェアファクスISのアナリストらは、金相場の強気派に金投資で得た 利益を産金会社に投資するよう推奨している。産金会社の株価は、コ スト低下による恩恵を受けているためとしている。金相場は9年連続 で上昇している。

今日のチャートは、カナダのバリック・ゴールド、米ニューモン ト・マイニング、南アフリカ共和国のアングロゴールド・アシャンテ ィ、同国のゴールド・フィールズなどで構成するFTSEゴールド・ マイニング指数の推移を示す。昨年、燃料や鉄鋼など原料のコストや 人件費が高騰する一方、世界の株価が下落したため、金現物相場に対 する同指数の比率は過去最低に近い水準まで低下している。

フェアファクスのアナリスト、ジョン・マイヤー氏は12日、「今 後は産金会社のパフォーマンスが金相場を上回ると予想している」と 述べ、「産金会社は、技術や供給の面で他の鉱山会社とそれほど競合 する必要がない。産金業界の利ざやは比較的堅調だ」との見方を示し た。

バリックは先月、採金事業の現金原価の上昇が今年、鈍化すると の見通しを示した。アングロゴールドとゴールド・フィールズは、重 大事故防止のため従業員の訓練強化や鉱山のインフラ整備を進めた ため、政府による安全確保のための操業停止命令は減少すると見込ん でいる。

JPモルガンのスティーブ・シェパード、アラン・クック、アブ ヒシェク・ティワリの3氏は文書で「どの企業にも好調な時期はある ものだ」と指摘。「09年は南アの産金株への投資の好機となるだろう。 金相場の上昇により産金会社のキャッシュフローや利ざやが拡大し ているため、向こう半年間は産金株の上昇率が金現物相場を上回ると 予想される」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE