サウジアラビアの原油生産能力、6月までに1250万バレルに-石油相

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱 物資源相は15日、6月までに原油生産能力が日量1250万バレルにな るとの見通しを示した。

同相は、クライス油田が軌道に乗ればサウジの余剰原油生産能力 が現在の330万バレルから450万バレルに増加すると指摘した。

サウジの国営石油会社サウジアラムコは11日に電子メールで、2 月、国内2位のクライス油田(日量120万バレル)の掘削を終了した と発表した。同油田は埋蔵量270億バレルで、1960年代に生産を開始 したが、90年代初めに生産を休止していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE