オバマ米政権:小規模企業向け支援策を16日発表-3.75億ドル(2)

オバマ米大統領とガイトナー財務 長官は16日、小規模企業向け融資の連邦政府保証拡大と手数料引き 下げに向けた3億7500万ドル(約368億円)規模の計画を発表する。 事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。2月に成立した7870億 ドルの景気対策から資金を賄う。

同関係者によると、この新規計画では小規模企業向け融資の最大 90%を保証する。これまでの保証割合は15万ドルを下回る規模の融 資で85%、それ以上が75%だった。また、オバマ大統領は融資債権 の流通市場の目詰まりを解消して金融機関の資金流動性を高める措 置として100億ドル超を投じる方針も発表するという。

米議会は、金融安定化策で恩恵を受ける対象が消費者や非金融機 関よりも銀行がほとんどだと批判しており、これにオバマ政権は対応 したい考え。米大統領経済諮問委員会(CEA)のロマー委員長は15 日、NBC放送の番組「ミート・ザ・プレス」で「小規模企業が成長 のエンジンを担っているとわれわれは認識しており、小規模企業をぜ ひ支援したいと思っている」と語った。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE