米AIG:公的資金での支払い受けた国内外の20銀行を公表(4)

米政府の公的管理下にある保険大 手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は15日、同 社救済のために供与された公的資金に関し、同資金での支払いを受け た取引相手の銀行20行のリストを初めて公表した。

AIGの発表文によると、20行は米国内および国外の金融機関で、 仏ソシエテ・ジェネラルやドイツ銀行、米ゴールドマン・サックス・ グループ、米メリルリンチ、仏カリヨンなど。20行とその他の取引相 手に計224億ドル(約2兆1900億円)の公的資金が支払いに充てられ た。AIGはこれまで、機密上の取り決めを理由に社名は公表できな いと説明していた。

財務省のベーカー報道官は「米国民にはAIGが税金をどのよう に使っているのか、またそれが世界の金融システムの安定に役立って いるのかを知る権利がある」と指摘した。米連邦準備制度理事会(F RB)によると、AIG救済のための公的支援の規模は、3月2日時 点で約1600億ドル。

発表文によると、公的資金はAIGに最初に供与された850億ド ルの融資枠を使って支払われた。同社のクレジット・デフォルトスワ ップ(CDS)の価値が目減りし、担保が取り崩され、「流動性の危機」 に見舞われたのが背景。

カリフォルニア、バージニア、ハワイ州の地方自治体なども同じ 期間に計121億ドルを受け取った。

今回の発表は、連邦準備制度理事会(FRB)と相談した上で行 われたもので、公的資金を利用する上で高い透明性を維持するのが目 的という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE