伊インテーザ銀:政府支援申請も、20日決定の公算-パッセラCEO

【記者:Alessandra Migliaccio】

3月14日(ブルームバーグ):時価総額でイタリア銀行最大手イ ンテーザ銀行のコラード・パッセラ最高経営責任者(CEO)は14 日、政府支援の適用を申請する可能性があることを明らかにした。

パッセラCEOは同国のANSA通信などとの会見で、政府に支 援を申請するかとの質問に対し、「そうなると思う」と言明。申請の 時期については、20日に開く次回取締役会で決定する公算が大きいと 説明した。インテーザ銀関係者がパッセラCEOの発言を確認した。

世界的な金融危機が悪化するなか、インテーザ銀が政府支援を申 請すれば、イタリア国内の銀行としてはバンコ・ポポラーレに続いて 2番目となる。バンコ・ポポラーレは10日、14億5000万ユーロ(約 1830億円)の転換社債を政府に売却する計画を明らかにした。

イタリア財務省は2月25日、議決権のない株式に転換できる転換 社債の政府への売却を通じて、金融機関が最大120億ユーロを調達す ることを承認した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE