米AIGのボーナス支給は「言語道断」-サマーズ氏や議員らが批判

米政府の救済を受けた米保険会社ア メリカン・インターナショナル・グループ(AIG)がボーナスと従業 員慰留のために10億ドル(約980億円)を支払う計画について、オバマ 政権当局者や米議員らから厳しい非難が相次いだ。

サマーズ米国家経済会議(NEC)委員長は15日、ABC放送の番 組「ジス・ウィーク」のインタビューで、AIGによる賞与などの支給 は「言語道断だ」と批判。下院金融委員会のバーニー・フランク委員長 (民主、マサチューセッツ州)はテレビ番組「フォックス・ニュース・ サンデー」で、AIGは「システムを乱用している」と非難した。

1700億ドルの公的資金を受け入れたAIGは、米財務省の要求に屈 する形で、2009年の従業員慰留のための一部支払いを30%削減するとと もに、ボーナスを業績回復に連動させることに合意した。ただ、事情の 説明を受けた関係者1人によれば、法的拘束力を持つ契約であることを 理由に約1億6500万ドルを今月15日に支給する計画という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE