与謝野財務相:財政出動のための財源不足が最大の障害-G20後の会見

【記者:藤岡 徹】与謝野馨財務相は14日午後(日本時間同日深夜)、 ロンドン近郊のホーシャムで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中 央銀行総裁会議の閉幕後の共同会見で、財政出動のための財源不足が世 界的な景気後退に対抗する上での最大の障害であるとの認識を示した。

与謝野財務相は「この経済危機を乗り切る、金融危機を乗り切るそ の強い意志は各国共通である」と指摘。それでも金融危機を乗り切るた めに何が必要かについて見解が異なるのは、「各国の利害関係の話ではな くて、実はお金をどうするかという1点だろうというのが私の印象だ」 と述べた。

先進国と新興国の財務相は同日、世界的な景気後退を終結させ、銀 行の不良債権を一掃するために、「継続した」努力を行うことを約束した。 財務相は国際通貨基金(IMF)が過去60年間で最悪の経済収縮を予測 したなか、会議に集まった。

与謝野財務相は会見で、一部の参加国が会議の席上、「財政出動をし たいけれども、必要な財源が手当てできないという現状を訴えた」こと を明らかにした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 青木 勝 Masaru Aoki +81-3-3201-7461 maoki6@bloomberg.net Editor:Masaru Aoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Brian Swint in London at +44-20-7073-3444 or bswint@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Fraher at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE