G20財務相・中央銀行総裁会議の声明骨子

ロンドン近郊のホーシャムで開か れた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が14日午後(日 本時間同日深夜)採択した共同声明の骨子は以下の通り。

① 世界経済の成長回復まであらゆる必要な行動をとる用意がある。

② 優先事項は不良債権処理による貸し出しの回復。金融システム上重

要な機関の健全性確保へあらゆる行動をとる約束を再確認。

③ 財政拡大は成長回復に必要な規模の継続した努力を約束し、国際通

貨基金(IMF)に行動の評価を要請。

④ 中央銀行はあらゆる政策手法を活用し、必要な間、緩和政策を維持。

⑤ 新興国・途上国支援のため、IMFの資金基盤を大幅強化する緊急

性について合意。

⑥ ヘッジファンドに登録制を導入し、リスク評価へ適切な情報開示。

⑦ 信用格付機関に登録制を導入。

⑧ 新興国・途上国はより大きな発言権と代表を有するべきで、IMF

出資比率の見直しは2011年1月までに結論。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE