途上国向け環境インフラ支援4900億円、G20で政府表明へ-日経

14日付の日本経済新聞朝刊は、 政府がアジアなど途上国で水道や太陽光発電など環境インフラの整備 を支援するため計50億ドル(約4900億円)の融資制度を創設する と伝えた。13日夜(日本時間14日未明)ロンドン近郊で開幕する 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で表明するという。 取材源は示していない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE