ラガルド仏財務相:G20財務相会議での合意達成に「楽観的」

【記者:Mark Deen 、 Francine Lacqua】

3月13日(ブルームバーグ):ラガルド仏財務相は13日、ロンドン 近郊で同日開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、 世界的な市場規制と景気刺激策、金融危機への対応で一致点を見いだせ ることに「極めて楽観的」だとの見解を示した。

同相はG20会議で合意できるかとの質問に「すべての当事者がその 精神を持って取り組んでいる」と指摘。「立場は異なるが、われわれは 皆、同じ目的を持っている。危機を押さえ込み、自信を回復することだ」 と述べた。

ラガルド財務相がインタビューに答えたもので、これより先には米 国の景気刺激のための財政上の支援が欧州に比べて遅れているとの見方 を示していた。

同相はまた、「フランスの銀行は堅固だ。不良資産はそれほど多く ない」と述べ、仏金融システムへの自信を表明した。また、原子炉製造 で世界最大手の仏アレバが、公的資金による資本注入を求めているとさ れる件については承知していないと説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 角田 正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net Editor:Eijiro Ueno 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Deen in Horsham, England at +44-20-7673-2153 or markdeen@bloomberg.net Francine Lacqua in Horsham, England at +44-20-7673 or flacqua@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Fraher at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE