プール前サンフランシスコ連銀総裁:米経済は「ひどい状態」

サンフランシスコ連銀のプール前 総裁は、米国経済は当局者らのせいで「ひどい状態」にあるとの認識 を示した。FICO主催の会議での講演テキストで明らかにした。

プール氏は「金融救済スキームはいつまでも続けられないと誰も が分かっているのに、米政府は金融の現状や将来について知る手掛か りが何もないかのようだ」と指摘。「われわれは今まさにひどい状態 にあり、これから先どこへ向かうのか分からないまま、危機に揺れ続 けている」と強調した。

プール氏はさらに「現在の金融救済スキームは市場や民主主義に 対する侮辱であり、多くの市民とともに私は怒りを覚え、心配してい る」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE