丸紅と住友商、ウクライナで省エネプロジェクト実施も-コメルサント

ウクライナ政府は、丸紅と住友商 事に対し、ウクライナ国内8都市での省エネプロジェクトの実施を提案 した。コメルサント・ウクライナ紙がクチェレンコ住宅問題相の話とし て報じた。

同紙によれば、公共設備・地域サービスの向上を伴うこのプロジ ェクトは、総額1億4000万ドル(約138億円)規模。また同プロジェ クトに関しウクライナは、京都議定書に基づき、日本に二酸化炭素(C O2)排出権の割当量を売却することで得た利益を環境対策に利用する 「グリーン投資」を実施する。

ウクライナ政府は同国の環境投資当局に対し、日本に5000万トン 分の排出権割当量を売却するよう指示したと同紙は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE