中国株(終了):上海総合指数が3日続落、景気懸念-中信証券が安い

中国株式市場で、上海総合指数は 3日続落。政府が打ち出した4兆元(約57兆円)の景気刺激策がまだ 効果を表していないとの懸念が広がった。

国内証券最大手の中信証券(Citic証券、600030 CH)は

1.7%安。中国人寿保険が出資比率を引き下げたことに反応した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動し ている上海総合指数は、前日比5.03ポイント(0.2%)安の2128.85 で終了。今週は2.9%の値下がりとなった。

天弘基金管理(北京)の呂宜振最高投資責任者(CIO)は、「経 済指標は依然として、投資家を積極的に買いに動かせるには不十分な内 容だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE