今日の国内市況:日経平均7500円回復、債券下落-円が対ユーロで下落

週末の東京株式相場は大幅反発し、日経 平均株価は心理的な節目の7500円を2週間ぶりに回復した。終値ベースの上 昇率はことし最大。米国の小売売上高が予想ほど悪化しなかったことが安心感 につながり、過度の金融不安の後退や国内政策期待も押し上げ要因になった。

東証業種別33指数ではすべて上昇。幅広く買われる中で、在庫調整進展 への期待が広がった輸送用機器や電機など輸出関連の上げが目立ち、東証1部 の業種別上昇率の上位に並んだ。日経平均の終値は前日比371円3銭 (5.2%)高の7569円28銭、TOPIXは23.37ポイント(3.3%)高の

724.30。

東証1部の売買高は概算で27億9393万株、売買代金は同1兆9488億円。 日経平均は5日移動平均線に続き、過去1カ月間の投資家の採算ラインを示す 25日線(7488円)を約2カ月ぶりに終値で回復した。

また、この日の取引開始時は日経225先物・オプション3月限の特別清算 値(SQ)算出で、SQ値は7491円33銭と12日の日経平均終値(7198円25 銭)を4.1%上回った。

米商務省が12日に発表した2月の小売売上高は前月比0.1%減ったが、ブ ルームバーグがまとめた事前予想の0.5%減ほど悪くなかった。米個人消費の 底割れがひとまず回避され、輸出関連中心に在庫調整進展への期待が広がった。

実体経済面の材料を、金融不安の後退も後押しした。米銀バンク・オブ・ アメリカ(BOA)のケネス・ルイス最高経営責任者は、1-2月の業績は黒 字だったと述べた。バランスシートの不安はくすぶりながらも、米国では金融 株が連日急騰しており、投資家のセンチメントが改善傾向にあることが裏付け られた。

一方、国内では麻生太郎首相が自民、公明両党に追加経済対策を策定する ように指示した。銀行等保有株式取得機構の機能拡充で、株価指数に連動する 上場投資信託(ETF)を買い取り対象に広げる可能性も浮上している。

この日の相場上昇を特にけん引したのは、ホンダやキヤノン、ファナック など輸送用機器や電機などの輸出関連株。これら銘柄の影響力が大きい日経平 均は上昇率が拡大し、10月安値を割り込んだTOPIXとは対照的な動きとな った。

債券は下落、株高警戒-一時1.32%

債券相場は下落(利回りは上昇)。前日の米国株式相場の大幅続伸を受け て、日経平均株価が300円を超す大幅高となり、売り優勢の展開が続いた。現 物債市場では新発10年債利回りが一時、1.32%と1カ月ぶりの水準まで上昇 した。

東京先物市場の中心限月6月物は、前日比3銭安い138円89銭で取引を 開始した。直後に138円94銭に上昇したが、株高が加速すると売りが増えて 水準を切り下げ、一時は47銭安い138円45銭まで下げた。その後やや下げ幅 を縮めて、結局は25銭安い138円67銭で終了した。6月物の日中売買高は2 兆2184億円。

株価急騰が債券の売り材料となった。12日の米株相場は大幅続伸し、ダウ 平均株価は2月26日以来の高値で終えた。日経平均は前日比371円3銭高い 7569円28銭で終了した。また、前日の先物相場が大幅高となったのは、株安 が一因となっていただけに、きょうは高値警戒感からの売りも出たようだ。

現物債市場で新発10年物の299回債利回りは、前日比0.5ベーシスポイ ント(bp)高い1.315%で取引を開始した。いったんは横ばいの1.31%を付けた が、すぐに1.315%に戻した。午後2時過ぎには1bp高い1.32%と、2月10 日以来の高い水準を付けた。その後は1.315%で取引されている。現物債は先 物に比べて底堅く推移した。

円が対ユーロで2カ月ぶり安値-G20控え様子見も

週末の東京外国為替市場ではもみ合いのなか、円が対ユーロで約2カ月ぶ りの安値を更新した。世界的な株価の上昇で投資環境が改善するなか、国内経 済の大幅な落ち込みなどファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の悪化が 際立つ円を売ってユーロなど外貨を買う動きが優勢だった。

一方、週末に20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控え、 積極的な売買を手控える向きも多く、午後にかけては様子見相場の様相が一段 と強まった。

円は対ユーロで一時、1月7日以来の安値となる1ユーロ=126円58銭ま で下落。前日の欧州時間には122円台前半まで円高が進む場面も見られたが、 その水準から4円あまり値を戻した。

円はニュージーランド・ドルに対しても2カ月ぶり安値を更新。オースト ラリア・ドルに対しては一時、約1週間ぶり安値を付けた。

ドル・円相場は1ドル=97円台を中心としたもみ合いに終始。対ユーロで の円売りが波及し、一時1ドル=98円台に乗せる場面も見られたが、ドルの上 値は重かった。

12日の海外市場ではスイス国立銀行(中央銀行、SNB)がスイス・フラ ン高抑制のための外貨買い介入開始を表明したことを受け、対スイス・フラン でユーロ高が進行。ユーロ・ドルでも2月23日以来の高値となる1ユーロ=

1.2945ドルまでユーロ買いが進み、この日の東京市場 でも1.29ドル台前半を 中心に底堅い展開が続いた。

13、14日にロンドンで開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議では、 景気対策や金融規制、国際通貨基金(IMF)の増資などが議題になる見通し。 4月に開催されるG20首脳会合(金融サミット)を前に基本的な枠組み作りを 目指すが、米国が求める追加的な財政出動に対して欧州が難色を示すなど、足 並みの乱れもみられており、どこまで強い協調姿勢を打ち出せるかが注目され ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE