SAS:株価を88%下回る水準で割当増資へ、684億円-08年赤字で

北欧最大の航空会社スカンジナビ ア航空(SAS)の親会社、SASグループは13日、前日の株価を 88%下回る水準で新株を発行する計画を明らかにした。昨年通期の決 算が少なくとも過去16年間で最悪の赤字となったことを受けた措置。

電子メールで配布された発表資料によれば、同社は株主割当増資 で約60億スウェーデン・クローナ(約684億円)を調達する計画で、 1株当たり2.63クローナで割り当てる。12日の株価終値は22クロ ーナだった。

航空業界で助言業務を提供するインドスイス・エイビエーション のマネジングディレクター、ジム・エッキス氏は、「航空業界は有望な 投資先ではない。景気は悪く、人員は削減され、現段階で楽観材料は ほとんどない」と述べた。

SASは2008年通期決算で62億クローナの赤字を計上したこ とを受け、北欧事業に専念するため、従業員約9000人の削減や運航 路線の縮小、一部事業売却を実施する方針だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE