アジア株:上昇、日中の景気対策に期待-世界指数も週間で大幅高

13日のアジア株式相場は上昇。日 本と中国の追加景気対策への期待が高まった。アジアの株高を受け、 MSCI世界指数は昨年11月以来最大の週間上昇率となっている。

三菱UFJフィナンシャル・グループが高い。麻生太郎首相は同 日、与党に追加的な経済政策を策定するよう指示した。中国最大の石 油会社、ペトロチャイナ(中国石油)も上昇。原油高に加え、中国の 温家宝首相が財政支出拡大はいつでも可能だと表明したことを好感し た。利益見通しを示したキヤノンも高い。

ペンガナ・キャピタル(メルボルン)で26億ドル相当の運用に携 わるティム・シュローダー氏は、「財政出動が可能な国が、状況が厳し くなる前にそれを実行しようとしていることで市場は安心できる。セ ーフヘイブン(安全な避難先)にとどまっていた一部の資金が市場に 戻って来ている」と述べた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時12分現在、前日 比3.5%高の74.63。今週は3.7%高。MSCI世界指数は前日比0.9% 高と、今週の上昇率を7.8%に伸ばし、週間では昨年11月28日終了 週以来で最大の上げとなっている。

日経平均株価は前日比371円03銭(5.2%)高の7569円28銭で 終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE