中国アリババ:米グーグルやeベイとの提携模索-会長インタビュー

中国最大の電子商取引サイト「ア リババ・ドット・コム」を運営するアリババ・グループの馬雲(ジャ ック・マ)会長は12日、中国への製品輸出を検討している北米の顧客 を獲得するため、米国で提携先を求める考えを示した。

馬会長はニューヨークでインタビューに答え、アリババは米グー グルやeベイ、ヤフー、マイクロソフトなどとの提携を模索している と説明。過去2週間に複数の企業を訪問したことを明らかにした。

会長は「どのような提携の形となるのかを話すのは時期尚早だが、 何かが起きると信じている。われわれは互いに良いアイデアを出し合 った。持ち帰ってじっくり吟味する必要がある」と語った。

世界的なリセッション(景気後退)に伴い中国の輸出が減少する なか、アリババは国内業者への依存度を引き下げている。2月の同国 の輸出額は26%減と、過去最大の落ち込みだった。

香港時間午前10時36分(日本時間同11時36分)現在、アリバ バの株価は前日比3.3%高の7.82香港ドル。年初からの騰落率は40% 高。昨年は80%下落した。

アリババは今年、新規顧客を獲得するため、中国以外の地域のマ ーケティング予算を3000万ドルに拡大している。企業間電子商取引サ ービスの米顧客数は100万社に上る。馬会長が明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE