シャープ:国内SB500億円の条件を決定-3年10カ月ぶりの起債

シャープが13日、国内普通社債 (SB)総額500億円の発行条件を決定した。年限が3年、5年、10年 の3本建て。主幹事は、野村証券(事務)、みずほ証券、三菱UFJ証 券が共同で務める。シャープの社債発行は、2005年5月の起債(500億 円)以来、約3年10カ月ぶり。事務主幹事証券が明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE