ガイトナー米財務長官:「多数」の米銀が公的資金の返済可能になる

ガイトナー米財務長官は12日、金融 機関による公的資金の返済を阻む考えはないと述べるとともに、「多数」 の銀行が返済できるようになるとの見通しを示した。

ガイトナー長官はその上で、金融安定化資金の注入を受けた金融機 関に対し「米経済に融資を提供できるように」公的資金の代わりとなる 民間資本を確保するまで返済を待つよう要請。信用の流れを回復させる ことがリセッション(景気後退)に見舞われた消費者や企業を助けるこ とになると強調した。

同長官は上院予算委員会で、銀行は「不確実性の雲の中にあるため、 守勢に回って融資を抑制している。われわれはこの動きに歯止めをかけ る必要がある」と述べ、「しかし、わたしは多数の銀行が公的資金を返済 できるようになる可能性が出てくると望んでいる。そうなると期待して いるし、信じている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE