ラガルド仏財務相:米政府は金融問題を解決する必要ある-レゼコー

フランスのラガルド財務相は仏紙 レゼコーとのインタビューで、米政府は自国の金融システムを「機能 する状態」に回復させる措置を講じるべきだとの考えを示した。

紙面掲載前にブルームバーグ・ニュースに電子メールで送られた インタビュー原稿によると、ラガルド財務相は米政府がこれまで発表 した措置に対して市場が良い反応を示していないのは、「恐らくこうし た計画の不完全さを感じているからだ」と述べた。

同紙によれば、ラガルド財務相は、「米国では来年に景気が上向く ことは絶対にないという声が出ているが、米国人は自国政府の救済策 を信じていない印象があり、若干懸念される」ものの、世界経済は2010 年中に回復し始めるはずだと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE