米バークシャーの「AAA」格付けを引き下げ-フィッチ(2)

格付け会社フィッチ・レーティン グスは12日、資産家ウォーレン・バフェット氏(78)率いる米保険・ 投資会社バークシャー・ハサウェイの格付けを最上級の「AAA」か ら引き下げたことを明らかにした。保有株式やデリバティブ(金融派 生商品)の将来的な目減り対する懸念を理由に挙げている。

フィッチはまた、バフェット氏が現在、最高投資責任者(CIO) を務めていることから、退任を余儀なくされた場合、同社はリスクに さらされると指摘した。

発表文によると、フィッチはバークシャーの発行体デフォルト格 付け(IDR)を「AA+」に1段階、無担保優先債務格付けを「A A」に2段階それぞれ引き下げた。保険財務力格付けは「AAA」に 据え置いた。また格付け見通しは「ネガティブ」。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE