【米個別株】BOA、GE、薬品株、鉄鋼株、インテル、Eトレード

12日の米株式市場の主な銘柄は以 下の通り。

薬品株:製薬大手ファイザー(PFE US)は抗がん剤「SUTEN T(一般名:スニチニブリンゴ酸塩)」がすい臓に腫瘍のある患者に「著 しい効能」を示したと発表した。ギリアド・サイエンシズ(GILD US) はCVセラピューティクス(CVTX US)を約14億ドル(1株当たり20 ドル)で買収することに合意した。ファイザーは9.6%高の14.02ド ル。CVセラピューティクスは32%高の21.04ドル。メルク(MRK US) などほかの薬品株も上昇。

鉄鋼株:JPモルガン・チェースは鉄鋼業界の利益予想を下方修 正するとともに、鉄鋼価格と出荷が今年回復しなければAKスチー ル・ホールディング(AKS US)とUSスチール(X US)、アルセロール ミタル(MT US)、スチール・ダイナミクス(STLD US)は借り入れ契約 条項に反するリスクが生じかねないと指摘した。AKスチールは

0.8%安の6.49ドル。アルセロールミタルは0.1%安の20.27ドル。 USスチールは1.2%安の19.10ドル。スチール・ダイナミクスは15% 安の7.25ドル。

バンク・オブ・アメリカ(BAC US):19%高の5.85ドル。資産規 模で米銀最大のバンク・オブ・アメリカ(BOA)のケネス・ルイス 最高経営責任者(CEO)は、2009年1-2月の業績が黒字だったと 述べた。

Eトレード・ファイナンシャル(ETFC US):2.9%安の66セント と続落。シティグループが投資判断を新規に「売り」とした。

ゼネラル・エレクトリック(GE US):13%高の9.57ドル。多角経 営企業のゼネラル・エレクトリック(GE)は、米格付け会社スタン ダード・アンド・プアーズ(S&P)の最上級格付けを失ったものの、 事業に影響はないとの見解を示した。

インテル(INTC US):4%高の14.52ドル。2月9日以来の高値。 ブロードポイント・アムテックは半導体メーカー最大手のインテルの 投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。インテルが新たな収 益源を追求していることを評価した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE