NY銅先物:ほぼ変わらず-時間外取引で一時1.8%高に

12日のニューヨーク銅先物相場はほぼ変わ らずで終了。一時2.5%安をつけたが、原油相場や株価の上昇を受けて米景気や 金属需要の見通しが押し上げられるなかで、下げ幅を縮小した。

この日の原油相場は3日ぶりに上昇し、一時9.6%高を付けた。企業がリセ ッション(景気後退)の中で従来予想を上回る業績を達成するとの見方から、米 株価は3日続伸した。銅相場は立会場取引終了後の電子取引で上昇した。

ゴールド・アロー・キャピタル・マネジメントのパートナー、へイスベル ト・フルーネウェーゲン(ニューヨーク在勤)は「銅と原油は経済動向を示す指 標として、同じ方向に動く傾向がある」とし、「人々は安定化のどんな兆しにも 反応している」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場5月 限終値は前日比0.1セント(0.1%)安の1ポンド=1.6245ドル。その後の時間外 取引では一時、1.8%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE