銀行の自己資本比率引き上げ求める-バーゼルII見直しで同監督委

バーゼル銀行監督委員会は12日、 世界の金融機関は今後、損失に伴う影響を緩和できるよう自己資本の 増強を求められるとの見解を示した。同委員会は金融危機に対応する ため、規制見直しの範囲を拡大している。

同委員会は来年、規制の見直しを実施するが、その一環として銀 行に対して景気拡大期に自己資本の増強を求める方針だ。

同委員会は、「金融システムは、将来起こり得る経済・金融危機 への対応力を強化するため、資本水準を引き上げる必要がある」との 文書を発表した。規制見直し後の自己資本比率は、「現在のバーゼル II(自己資本比率規制)で規定されているよりも高い水準」になる 見通しだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE