麻生首相:衆院解散、今かもしれないし6カ月後かもしれない

【記者:広川高史】

3月12日(ブルームバーグ)麻生太郎首相は12日夜、現職議員 の任期が9月10日までとなっている衆議院の解散時期について「政策 などを考えてきちんと判断したい。今から半年以内にどこかで解散す る。今かもしれないし6ヵ月後かもしれない」と述べた。首相官邸で記 者団から、景気が悪い状況でも解散する可能性があるのか、と聞かれ、 語った。

これに先立ち、首相は同日午前の参院予算委員会で、衆院解散時 期について「景気状況によって解散を決めるということはない。景気 を良くすることがわたしの使命だ」と述べ、経済情勢が直接の判断材 料にはならないとの認識を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE