ダーリング英財務相:オバマ米政権との意思疎通に困難ない

【記者:Gonzalo Vina and Mark Deen】

3月11日(ブルームバーグ):ダーリング英財務相は11日、オバ マ米政権との間に緊張関係があるとの観測を否定した。英当局者が米 国の当局者と連絡を取るのは難しいと述べたオドネル内閣府官房長官 の発言を受けて、釈明に努めた。

ダーリング財務相はロンドンで記者団に対し、ガイトナー米財務 長官と定期的に連絡を取リ合っており、「行動を起こす必要や現在何を 行っているかに関して非常に意見が一致している」と説明。「米国の新 政権が発足して以降、米当局者とかかわる上で困難は全くない。大統 領選と新政権発足の後に中断は避けられなかったが、困難は何もない」 と語った。

オドネル内閣府官房長官は9日の政府当局者会議で、米当局との 連絡について、「そこには誰もいない。どんなに苦労するか信じられな いに違いない」と発言。米国の政権移行システムについても「全くの 狂騒」と批判した。

オバマ米大統領は4月2日にロンドンで開かれる20カ国・地域 (G20)首脳会合(金融サミット)出席のため、就任後初の訪英を準 備しており、オドネル氏の発言は、両国関係を緊張させる恐れがある と懸念されていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE