韓国ポスコ:起債を計画-投資家の需要予測でシティなど5社を起用

アジア3位の製鉄会社、韓国のポ スコは12日、同社社債に対する投資家の需要予測の会合をアレンジ するため、米シティなど5社を起用した。

投資家に送付された電子メールによると、米シティグループとド イツ銀行、米ゴールドマン・サックス・グループ、英HSBCホール ディングス、米メリルリンチの5社が16-18日の期間に複数の会合 をアレンジする。起債の実施は「市場環境次第」になるという。

アバディーン・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、 スコット・ベネット氏は「ポスコの信用プロフィルは力強いが、資源 部門では世界的な景気減速で製品価格が下落している。このため、今 回の取引がどの程度成功を収めるかを判断するのは難しいだろう」と 語った。

会合の予定に詳しい関係者2人の話では、ポスコは16日にシン ガポール、17日に香港、18日にロンドンの各地で会合を開く予定だ。 ロサンゼルスやボストン、ニューヨークでも同時に開かれる。関係者 は会合が非公開であることを理由に、匿名を条件に語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE