約12の米生保が公的支援を申請、数週間以内に政府決定へ-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)によると、約12の米生命保険会社が 金融安定化法に基づく公的支援を申請した。米政府は向こう数週間以 内に公的資金の提供先を決定するという。

同紙によれば、市場の混乱を受けて米生保の資本が傷んでおり、 ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループやメット ライフ、プルデンシャル・ファイナンシャルなどが業界で最も痛手を 受けた。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE