2月の米住宅差し押さえ:前年比30%増-リアルティトラック

米リアルティトラックが12日に 発表したデータによると、2月の住宅差し押さえ手続き開始件数は前年 同月比で30%増となった。政府や金融機関が差し押さえ防止に努める ものの、景気悪化で歯止めがかからない状態だ。

リアルティトラックによれば、競売通告を含め差し押さえ手続きに 入った物件は計29万631件となった。2005年以降で3番目に多い数 字となった。前月比では6%増。

米カリフォルニア大学バークレー校のバリー・アイヒェングリーン 教授はインタビューで、「一段と多くの人が失業したり、資産価値より ローン残高が多い状態(ネガティブ・エクイティ)に陥っている。新た な住宅対策もこうした事態そのものは変えられない」と説明した。

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住 宅価格指数によれば、全米主要20都市の住宅価格は07年1月以来、 低下が続いている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE