米国トヨタ:減産で在庫は4、5月に適正水準に低下へ-レンツ社長

トヨタ自動車の米国現地法人、米 国トヨタ自動車販売のジム・レンツ社長は11日、米国での販売台数は 引き続き減少しているものの、減産により在庫は適正水準に低下しつ つあることを明らかにした。

レンツ社長がワシントンで明らかにしたところによれば、同社の 自動車・トラック在庫は積み上がり、昨年末時点で過去最高の100日 分に達したが、今年4月か5月には45日分に減少する見通しだ。

トヨタは昨年、世界販売台数で米自動車最大手のゼネラル・モー ターズ(GM)を抜いてトップに躍り出たが、米国市場は過去28年で 最悪の水準に落ち込んだため、米国やカナダ、メキシコの全工場で減 産を実施。初の早期退職勧奨制度も設けた。昨年のトヨタの米国販売 台数は前年比15%減少し、今年に入ってからは36%も落ち込んでいる。

レンツ社長は「必要な生産調整を実施した」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE