英バークレイズ:資産保証制度への参加が小規模に-政府出資の回避で

【記者:Jon Menon、Andrew MacAskill】

3月12日(ブルームバーグ):英銀3位バークレイズは政府の出 資を避けるため、政府の資産保証プログラムの対象とする資産が、同 業のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) やロイズ・バンキング・グループの1割程度にとどまる可能性が高い。

ブルームバーグ調査によるアナリスト5人の予想中央値によると、 バークレイズはリスク資産300億ポンド相当の保証を求める見込みだ。 一方、RBSの保証は3250億ポンド、ロイズは2600億ポンド。RB Sとロイズは政府出資を受け入れ、公的管理下に入っている。

バークレイズの株価は、リセッション(景気後退)深刻化で貸倒 損失がさらに膨らむとの懸念から年初来で55%下落。ただ2008年7 -12月(下期)決算では純利益が26億6000万ポンドと前年同期比49% 増えており、政府出資も拒否してきている。こうした事情を受け、バ ークレイズは資産保証に関する協議で交渉をより有利に進められると みられる。

エクサンBNPパリバ(ロンドン)のアナリスト、イアン・ゴー ドン氏は「バークレイズが資産保証プログラムに参加すれば、その規 模はRBSやロイズを大幅に下回るだろう」とし、「ただ価格設定は適 切に行う必要があろう。それを間違えば、参加を控えるだろう」と指 摘した。

バークレイズは昨年10月、英政府の支援を回避し、アラブ首長国 連邦(UAE)のアブダビ首長国やカタールなどから50億ポンド以上 を調達した。その際発行した証券には、バークレイズが英政府から資 金調達した場合、こうした中東勢に割引価格で株式を追加売却する義 務が記載されている。

このため、バークレイズは資産保証が手元資金で保証料を支払え るだけの少ない規模でない限り、プログラムに参加しない可能性が高 いと、ショア・キャピタル・グループのアナリスト、ダニー・クラーク 氏はみている。

保証料はロイズが保証資産の5.2%に相当する156億ポンド、R BSは2%相当の65億ポンドで合意している。ロイズなどは保証料の 支払いに充てるため、議決権のない株式を政府に発行する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE