JR東海株が続落、10年ぶり株価50万円割れ-日興シ目標株価下げ

昨年来の安値を更新している東海 旅客鉄道(JR東海)の株価が大幅安。一時は前日比8%超の下落、約 10年ぶりの株価50万円割れとなった。株価は3日続落。日興シティグ ループ証券が11日付で景気悪化を反映して旅客収入の見通しを下方修 正し、目標株価を引き下げたことが嫌気されたようだ。

日興シティはJR東海の目標株価を93万5000円から76万円に 引き下げた。株価は午前10時35分現在、前日比4万円(7.5%)安の 49万5000円で取引されている。一時は同4万4000円(8.2%)安の 49万1000円まで売られる場面もあった。株価50万円割れは1998年 6月26日以来。

日興シティが同時に目標株価を引き下げた東日本旅客鉄道(JR 東日本)と西日本旅客鉄道(JR西日本)もそれぞれ前日比で5%を超 す下落となっている。JR東は同240円(4.8%)安の4780円、JR 西は同1万4000円(4.4%)安の30万5000円とそれぞれ売り優勢と なっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE