【個別銘柄】損保、エプソ、王将、エアW、大研医、山崎パ、JR東日

12日の日本株市場における主な材 料銘柄の値動きは以下の通り。

損害保険株:損害保険ジャパン(8755)は前日比5.2%高の485 円まで上昇。一方、日本興亜損害保険(8754)は10%安の595円まで 下落。損保JPNと日本興亜損は2010年春をめどに、経営統合する方 針を固めたことが12日に明らかになった。来春に誕生する三井住友海 上グループ、東京海上グループに次ぐ規模の損保グループとなる。12 日の日経テレコンはブルームバーグより先に同内容を報道していた。

アインファーマシーズ(9627):3.2%高の1713円まで上昇。12 日付の日本経済新聞朝刊は、セブン&アイ・ホールディングス(7& i)(3382)が調剤薬局最大手のアインファと共同で、低価格ドラッ グストアの全国展開に乗り出すと報じた。規制緩和を受けた対応で、こ の分野での価格競争が始まるという。7&iは一時4.2%安の1921円。

王将フードサービス(9936):一時1.9%高の1588円と、1月 26日に付けた52週高値(1600円)に接近。消費者の節約志向が強ま る中、手ごろな価格が受けており、09年3月期の業績と配当計画を増 額した。外食各社の多くが苦戦する中、同社の際立つ業績の好調さが評 価された。

セイコーエプソン(6724):6.9%安の1013円まで下落。採算改 善に向けたリストラ費用などが響き、09年3月期の連結純損益予想を 1000億円の赤字に下方修正した。赤字額は過去最大。従来予想は40 億円の赤字だった。同時に発表した中期計画についても、抜本的な改革 が先送りされたとみられている。

エア・ウォーター(4088):5.6%安の781円まで下落。転換社債 型新株予約付社債(CB)を第三者割当で大和証券SMBCヨーロッパ に発行し、150億円を調達すると発表した。09年度に計画している設 備投資に必要な資金を確保する。

大研医器(7775):東京証券取引所第2部に新規上場。取引開始 と同時に付いた初値は1150円と、公募価格と同値だった。外科向け医 療機器の製造、販売を手掛ける。初値後の高値は1185円、安値は 1130円。

JR東日本(9020):6.2%安の4710円まで下落。信濃川発電所 (新潟県)の取水をめぐる河川法違反で占用許可取消しなどの行政処分 を受け、社長の月額報酬50%を3カ月カットするなど経営陣や担当責 任者の処分を発表した。

コーセー(4922):5.8%安の1811円まで下落。ゴールドマン・ サックス証券は11日、投資判断を「中立」から「売り」に引き下げた。

ヤクルト本社(2267):8.5%安の1450円まで下落。ゴールドマ ン・サックス証券は11日、投資判断を「中立」から「売り」に引き下 げた。

花王(4452):2.8%高の1864円まで上昇。ゴールドマン・サッ クス証券は11日、投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。

山崎パン(2212):12%安の1048円まで下落。ゴールドマン・サ ックス証券は11日、投資判断を「中立」から「売り」に引き下げた。

NTT(9432):6.9%安の3390円まで下落。みずほ証券は11 日、投資判断を「1(強い買い)」から「2(買い)」に引き下げた。

三井金属(5706):6%安の125円まで反落。液晶パネル関連の 不振を受けて設備の減損処理による特別損失が膨らみ、2009年3月期 の連結最終赤字が現在の会社予想から拡大する公算が大きい、との12 日付の日経新聞報道を受けた。

東海染工(3577):8.5%高の64円まで上昇。繊維事業の受注環 境が予想を上回る勢いで悪化しているため、希望退職者を40名程度募 集すると発表した。対象者は満40歳以上59歳未満の正規社員。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE