米ゴールドマン:円は対ドルで5カ月ぶり安値に下落へ、予想修正(2

米ゴールドマン・サックス・グル ープは11日付の顧客向けリポートで、円相場が対ドルで5カ月ぶりの 安値に下落し、対ユーロでも値下がりするとの見通しを示した。同社 は、円が資金の避難先としての魅力を失い、日本経済が今年6.1%の マイナス成長となる恐れがあると指摘した。

ゴールドマンは、円相場が今後3カ月に対ドルで7.2%下落し1 ドル=105円を付けると予想。対ユーロでは8.5%下げ1ユーロ=136 円50銭を付けるとの見方を示した。同社は従来、対ドルで1ドル=90 円、対ユーロで117円と予想していたが、これを円安方向に修正した。 105円台は昨年10月6日以来の水準。

ロンドン在勤のトーマス・ストルパー氏率いる同社アナリストら はリポートで、「短期的には、当社の新たな3カ月予想水準を超えた円 安に向かうリスクが依然大きい」と述べ、「円相場と株式相場の相関関 係の持続性が疑問視されている上、マクロ経済指標からは日本経済が 昨年末に急激に収縮した証拠が示されている」と指摘した。

ゴールドマンはまた、対ドル相場の今後半年と1年の予想を100 円とし、従来の90円との予想から修正した。対ユーロ相場の今後半年 の予想は140円、今後1年の予想は145円とした。

円は東京時間午前8時21分現在、ニューヨーク時間前日遅くに比 べて0.1%安の1ドル=97円37銭。対ユーロでは横ばいの1ユーロ= 124円85銭で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE