米巨額詐欺事件:マドフ被告、司法取引に応じず-12日に有罪答弁

史上最大規模の「ねずみ講」事件 で逮捕・起訴された米ナスダック・ストック・マーケット(現ナスダ ックOMXグループ)の元会長バーナード・マドフ被告が、検察当局 との司法取引に応じなかったことが、事情に詳しい複数の関係者の話 で11日、分かった。共犯者の存在を認めることになる共謀罪での有罪 答弁を検察側が要求したためという。

同関係者によると、これにより検察側は他の従業員の関与があっ たかどうか断定する上で、マドフ被告の協力は得られないことになっ たという。

マドフ被告は12日、起訴理由となった詐欺や偽証、マネーロンダ リング(資金洗浄)など11件すべてについて有罪答弁を行う方針。最 大で150年の禁固刑を言い渡される可能性がある。

-- Editor: Charles Carter, John Pickering

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: David Voreacos in federal court in Newark, New Jersey, at +1-201-417-8444 or dvoreacos@bloomberg.net; Robert Schmidt in Washington at +1-202-624-1853 or rschmidt5@bloomberg.net; David Glovin in New York federal court at +1-212-732-9245 or dglovin@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE