オバマ米大統領:G20は景気対策で協調を-財務長官と協議(2)

オバマ米大統領は11日、経済危 機への対応では20カ国・地域(G20)諸国が協調して行動する必要が あると述べた。ホワイトハウスでガイトナー財務長官と協議した後、 記者団に話した。

オバマ大統領は先週会ったブラウン英首相ら各国首脳との会談を 引用しながら、「強い米経済は他国の経済にも役立つ。そのため、諸 外国は米国の成功を応援している」と発言した。さらに「米国も諸外 国を応援しなければならない」と述べた。

欧州連合(EU)諸国は追加の財政出動を求める米国に反発して いるものの、オバマ大統領は共通の取り組みを見いだすことに「楽観 的だ」と語った。

ガイトナー長官は11日、G20財務相会合に出席するために訪英。 4月にロンドンで開催されるG20首脳会合(金融サミット)を前に、 基本的な枠組み作りを目指す。金融規制や国際通貨基金(IMF)の 増資、景気対策などが議題になるとみられている。

オバマ大統領は金融サミットについて米国には2つ目標があると 指摘。「景気のジャンプスタートに向けた世界的な協調行動」の推進 と「金融規制改革の推進」を挙げた。

さらに、米国単独では成長を取り戻すことはできないと発言。「世 界経済が引き続き悪化すれば、米国の回復にとって妨げになるだろう」 と述べた。その例として、最近まで米経済の中で明るい分野だった輸 出が、海外経済の後退と信用ひっ迫の影響で急減したことを挙げた。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が9日に提唱し た金融規制の改革案について、オバマ大統領は議会と話を進めている ことを明らかにした。その上で「それは国内だけの問題ではなく、G 20での協調を推進することが肝要だ」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

Editor:Akiko Nishimae、Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Roger Runningen in Washington at +1-202-624-1884 or rrunningen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joe Sobczyk at +1-202-624-1976 or jsobczyk@bloomberg.net

BUD <Equity> USECO <Equity> POL <Equity> TRE <Equity> CNG <Equity> EXE <Equity> GOV <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE