グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。米シティグループや英HSBCホールディ ングスが業績改善を明らかにしたことを好感し、銀行株が上げた。

HSBC(5 HK)は2.3%高。傘下の恒生銀行(ハンセン銀行、 11 HK)も5.5%上昇した。シティは今四半期が2007年以来の好調だ とし、HSBCは昨年の中国事業が税引き前で85%増益だったと発表 した。中国建設省系の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は、中国 の固定資産投資拡大を手掛かりに2.7%高。

三菱UFJインベストメント・サービスのシニア・ファンドアド バイザー、冨田道也氏は、米市場が香港株の短期的な支えになるとす る一方で、上昇トレンドに乗ったかはまだ分からないとの見方を示し、 上昇と下落を繰り返す展開を予想した。

ハンセン指数は前日比236.61ポイント(2%)高の11930.66。 2日間での上げは5.2%となった。ハンセン中国企業株(H株)指数 は前日比1.9%高の7007.74。

HSBCは38.45香港ドル。ハンセン銀行は72.10香港ドル。中 国海外発展は11.40香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は下落。11日発表された中国の経 済指標で、1-2月期の都市部固定資産投資が市場予想を上回る伸び となったものの、2月の輸出が過去最大の落ち込みとなったことが材 料視され売りが広がった。

海運大手のチャイナ・シッピング・コンテナ・ラインズ(中海集 装箱運輸、601866 CH)は4%安。2月の輸出が前年同月比25.7%減 となったことに反応した。コンテナ港湾運営の上海港集装箱(600018 CH)は一時2.3%高を付ける場面もあったが、結局1.8%安で引けた。 一方で、時価総額で中国5位の製鉄会社、武漢鋼鉄(600005 CH)は

2.4%上昇。1-2月期の都市部固定資産投資が前年同期比26.5%増 となったことが好感された。

CLSAアジア・パシフィック・マーケッツのマネジングディレ クター、フレーザー・ハウイー氏は「中国がこの世界的なリセッショ ン(景気後退)から抜け出すのは非常に困難だろう」とした上で、「中 国は国際貿易のシステムに次第に組み込まれ始めており、世界的な影 響と無関係でいることはできない」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動し ている上海総合指数は、前日比19.54ポイント(0.9%)安の2139.02 で終了。一時は2.1%高まで上げる場面もあった。上海、深センの両 証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.9%安の2220.38。

【インド株式市況】

11日のインド株式市場はヒンズー教の祭日のため休場。取 引は12日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比59.9ポイント(1.9%)高の3244.4。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比35.31ポイント(3.2%)高の1127.51。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比88.94ポイント(1.9%)高の4759.96。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比19.76ポイント(1.3%)高の1505.51。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前日比4.88ポイント(0.6%)安の

850.37。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比3.00ポイント(0.7%)安の414.41。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比14.30ポイント(1.1%)高の1314.52。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比28.20ポイント(1.5%)高の1901.42。

+31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net     Editor: Fumihiko Kasahara

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE