今日の国内市況:株は急反発・債券軟調、ユーロが下落-貿易縮小懸念

東京株式相場は4営業日ぶりに急 反発。米銀大手シティグループの足元業績の好転を受けて金融不安が後 退したほか、政策発動への期待も相場を押し上げた。三菱UFJフィナ ンシャル・グループが終値で約1カ月半ぶりの上昇率となるなど金融株 が買われ、輸出や素材関連株まで東証1部銘柄の7割が高くなった。

日経平均株価の終値は前日比321円14銭(4.6%)高の7376円 12銭で、上昇率の大きさは1月27日以来。TOPIXは18.78ポイ ント(2.7%)高の722.28。東証1部の売買高は概算で20億246万株、 売買代金は同1兆3348億円。

きのうまでの日経平均7000円の攻防から、ようやく一息ついた。 ことし最大の上昇率を記録した米国株高や、政策期待が追い風となり、 先物中心に買いが優勢。中国の2月の輸出額が大幅に落ち込んだことが 明らかになった午後も堅調さを維持し、日経平均は5日移動平均線を4 日ぶりに上回った。

米シティグループのビクラム・パンディット最高経営責任者(CE O)は社内向け電子メールで、1-2月の業績が黒字だったことを明ら かにし、10日の同社株は38%高と急伸した。11日付の日本経済新聞 朝刊は、政府が企業の資金繰り支援など危機対応に向けた基金を創設す る検討に入り、株価対策として新基金で市場から株式を買い上げる案も 浮上していると報じた。

東証1部の値上がり銘柄数は1211、値下がり銘柄数は381。業種 で上昇が目立ったのは銀行をはじめとする金融株。米金融収縮懸念の和 らぎや金融庁の新たな金融安定化策が評価された。TOPIXをベンチ マークとするパッシブファンドのリバランス需要が取引終了に発生した 野村ホールディングスは、東証1部売買代金1位で急伸。証券・商品先 物取引は東証1部業種別上昇率で1位となった。T&Dホールディング スなども大幅高し、保険は同2位だった。

債券は小幅安-株高・米債安

債券相場は小幅安(利回りは上昇)。前日の米国債相場の下落や、 日経平均株価が300円を超す大幅反発となったことが売り材料となっ た。現物市場では長期や超長期債が安くなり、新発10年債利回りは一 時1.315%と約1カ月ぶりの水準に上昇した。

東京先物市場の中心限月6月物は、前日比20銭安い138円40銭 で始まった。直後に売りが増えると138円34銭に下落したが、その後 は下げ幅を縮め、138円台半ばでの推移が続いて、結局10銭安い138 円50銭で終了した。6月物の日中売買高は1兆2604億円。

10日の米株相場は急反発。ダウ平均株価は今年最大の上げ幅を記 録した。きょうの日経平均株価も今年2番目の大幅高となった。米債相 場は大幅安。米10年債利回りは3.00%程度と再び3%台に乗せた。

現物債市場で、新発10年物の299回債利回りは前日比0.5ベーシ スポイント(bp)高い1.31%で取引を開始。直後に1.315%と2月10 日以来およそ1カ月ぶりの高い水準を付けた。その後は1.31-

1.315%の狭い値幅で推移。新発5年債利回りは横ばいの0.75%で取 引された。超長期債は安い。新発20年債利回りは0.5bp高い1.895%、 新発30年債利回りは1bp高い1.985%にそれぞれ上昇した。

財務省はあす12日に、5年利付国債入札を実施する。今回の入札 では、表面利率(クーポン)は前回債と同水準の0.8%が予想されてい る。発行額は前回債と同額の2兆円程度。

ユーロが下落、世界景気後退の懸念

東京外国為替市場では午後の取引でユーロが対円で下落。中国が発 表した2月の貿易黒字が予想を上回る大幅減少となったため、世界的な リセッション(景気後退)の深刻化が意識され、オーストラリア・ドル など資源国通貨への売り圧力が強まったことが影響した。

ユーロ・円は一時、1ユーロ=124円28銭までユーロ売りが進行。 前日の海外市場では126円5銭と約2週間ぶりの水準までユーロ高・ 円安が進み、この日の東京市場朝方の取引では125円台後半を付ける 場面が見られた。

中国税関当局が11日発表した2月の貿易統計によれば、貿易黒字 は48億ドルと前月の約8分の1に減少した。輸出額は前年同月比

25.7%減と過去最大の落ち込みを記録。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト調査の予想中央値は貿易黒字が283億ドル、輸 出は前年同月比1%減だった。

同統計発表後には、一次産品需要が減少するとの懸念からオースト ラリア・ドルやニュージーランド・ドルが下落。豪ドル・円は約1週間 ぶりの水準となる1豪ドル=64円台前半から一時、63円割れまで豪ド ル売りが進む場面が見られた。

一方、朝方発表された日本の1月の機械受注は船舶・電力を除く民 需(コア機械受注)が前月比3.2%減、前年同月比39.5%減と大幅な 落ち込みとなった。しかし、マイナス幅が事前予想の範囲内にとどまっ たため、新たに円を売る動きは見られなかった。

ドル・円は1ドル=98円台後半から一時、98円28銭までドルが 弱含み。世界的な株価の反発で、これまで逃避通貨として選好されてい たドルへの買い圧力は弱まった。クロス円での円買いもドルの重しとな った。10日の欧米株は急反発。きょうの日本株も上昇した。

ユーロ・ドル相場は朝方、1ユーロ=1.27ドル台前半までユーロ 買い・ドル売りが進行。その後はユーロ・円の下落に伴い、1.26ドル 台へ値を戻した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE